当院の治療予約について※美容治療のみとなります。
受付時間 8:45~11:45 / 14:45~17:45 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日 お問合わせはこちら 029-869-8222

つくば市でしみ・そばかす治療なら経験豊富な【いけがみ皮膚科】まで

しみ・そばかす

当院に寄せられるよくある質問 化粧品 Cosmetics 料金表 PRICE
いけがみ皮膚科公式LINEアカウント お得は情報・豆知識をいち早くお届け致します。 友達登録はこちら ID:@qiz3141q
採用について

当院だからできる医療があります

看護師募集 医療事務募集

皮膚科診療・美容医療の経験を積みたい方へ

医師採用
HOME»  しみ・そばかす

しみ・そばかすとは

しみ・そばかす

しみは皮膚の奥にあるメラノサイトが、紫外線などによって刺激されて皮膚を守るために過剰にメラニンを生成してしまい、肌に残ってしまった状態のことをいいます。しみができるのは紫外線を浴びることや、加齢による新陳代謝の衰え、外傷やにきび痕など様々な原因があります。

そばかすは、より遺伝的な要素が強く、早いと小学校の頃から頬の高いところ、鼻などの紫外線の当たるところにできる点状の多発するしみです。

しみといっても、できている部位や大きさ、肌質など個々の状態によって治療法が違ってきますので、美容皮膚科専門の医師にご相談いただき、適切な治療を行いましょう。

また、しみが二度と出ないようにする治療はありませんが、今あるしみの治療のあと、しっかりお手入れすることが再発を防ぐことになりますので、アフターケアやメンテナンスも継続していきましょう。

しみの種類・原因

Case
1
老人性色素斑

紫外線によってできるしみの代表格です。顔はもちろん手の甲、腕など、日光によくあたる部分にできます。紫外線などの外的刺激や光老化によって皮膚が損傷した時にできる比較的大きな境界のはっきりしたしみです。一部がイボになって盛り上がってくることもあります。その場合は、隆起の治療(イボの治療)を先に行います。

老人性色素斑

治療法詳しくはこちら

Case
2
肝斑

頬骨上部や鼻の下、目の周りに左右対称にできる、30代以降の女性に多いもやもやした色素斑です。妊娠や出産、更年期などホルモンバランスが崩れると濃くなることがあります。
肝斑は一般的なしみとりレーザーでは治療できないため、内服薬やハイドロキノンの外用を基本に、トラネキサム酸のイオン導入やメソアクティスなどの治療を、まず初めに行います。

肝斑

治療法詳しくはこちら

Case
3
遅発性両側性太田母斑

肌の奥にあるメラノサイト(メラニンを作る細胞)が増えてしまう疾患で、多くは成人になってから頬や額の両側に現れます。肝斑に比べると点状でやや灰色のしみが多発します。肝斑と間違えられることが多いので注意が必要です。

遅発性両側性太田母斑

治療法詳しくはこちら

Case
4
炎症後色素沈着

にきびやけが、やけどなど肌にダメージを受けると炎症が起こり、その後色素沈着が起きることがあります。
 
 

炎症後色素沈着

治療法詳しくはこちら

Case
5
雀卵斑(そばかす)

鼻や頬に小さな褐色斑が多発します。雀卵斑は遺伝的なもので、小児期以降に発症することが多い症状です。日焼けや妊娠などホルモンバランスが崩れる際に濃くなることがあります。

雀卵斑(そばかす)

治療法詳しくはこちら

しみの治療法

老人性色素斑の治療法

ビタミンC外用 ハイドロキノン外用
Qスイッチアレキサンドライトレーザー

メラニン色素を抑え、肌のターンオーバーを促進することで、老人性色素斑を薄くしていきます。
 

商品についてはこちら

Qスイッチアレキサンドライトレーザー
Qスイッチアレキサンドライトレーザー

老人性色素斑の原因であるメラニン細胞をレーザーによって除去することで治療します。一箇所を強力に治療する方法です

治療法詳しくはこちら

ライムライト
ライムライト

IPLと呼ばれる治療で、顔全体に複数波長の光を当てることで一部ではなく全体を美白して明るくする治療です。

治療法詳しくはこちら

ビタミンC外用
ビタミンC外用{C}{C}{C}<!-- ビタミンC内服 -->

肝斑のベース内服外用治療となります。こちらをしっかり維持しながら他の治療と併用していきます。
 

商品についてはこちら

イオン導入
イオン導入

微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで有効成分を浸透させる治療法です。主にビタミンCを導入していきます。
 

治療法詳しくはこちら

メソアクティス
メソアクティス

特殊な電気の力で皮膚細胞膜に隙間をあけ、美白成分を大量に浸透させます。ビタミンC、ハイドロキノンなどの美白成分を肌細胞の中に入れていきます。

治療法詳しくはこちら

Qスイッチヤグレーザー
Qスイッチヤグレーザー

ピンポイントに、患部に照射できる医療用レーザー治療機です。シミや炎症後色素沈着の部位にのみ照射し、比較的炎症後の色素沈着のおこりにくいレーザーです。

治療法詳しくはこちら

ダビダ メラフェードシリーズ
ダビダ メラフェードシリーズ

しみ治療に有効な、トレチノイン・ハイドロキノンを配合した化粧品です。しみ・肝斑・くすみが気になる方にお勧めです。しみのレーザー治療を受けた後のお肌のメンテナンスに。

商品についてはこちら

肝斑の治療法

トラネキサム酸内服+ハイドロキノン外用
トラネキサム酸内服+ハイドロキノン外用

肝斑のベースとなる内服・外用治療です。こちらをしっかり継続しながら他の治療を併用していきます。
 

商品についてはこちら

メソアクティス
メソアクティス

特殊な電気の力で皮膚細胞膜に隙間をあけ、美白成分を大量に浸透させます。肝斑に有効なトラネキサム酸とビタミンCをハイドロキノンを肌細胞に入れていきます。

治療法詳しくはこちら

レーザートーニング
レーザートーニング

非常に弱いパワーでレーザー照射し、患部に余計な刺激を与えることなく治療を行います。レーザートーニングは、1度の施術だけでなく、回数を重ねるごとに徐々にメラニンの量を減らしていく治療方法です。

治療法詳しくはこちら

ダビダ メラフェードシリーズ
ダビダ メラフェードシリーズ

しみ治療に有効な、トレチノイン・ハイドロキノンを配合した化粧品です。しみ・肝斑・くすみが気になる方にお勧めです。しみのレーザー治療を受けた後のお肌のメンテナンスに。
 

商品についてはこちら

遅発性両側性太田母斑の治療法

Qスイッチアレキサンドライトレーザー
Qスイッチアレキサンドライトレーザー

しみの原因であるメラニン細胞をレーザーによって除去することで治療します。一箇所を強力に治療する方法です。太田母斑に近いしみなので3〜5回以上の治療が必要になります。
 

治療法詳しくはこちら

ダビダ メラフェードシリーズ
ダビダ メラフェードシリーズ

しみ治療に有効な、トレチノイン・ハイドロキノンを配合した化粧品です。しみ・肝斑・くすみが気になる方にお勧めです。しみのレーザー治療を受けた後のお肌のメンテナンスに。
 

商品についてはこちら

炎症後色素沈着の治療法

レーザーやライムライトなどの積極的な治療は行いません。刺激する事で炎症を引き起こし、更に色素沈着が起きる可能性があるからです。

 

トラネキサム酸内服+ハイドロキノン外用
トラネキサム酸内服+ハイドロキノン外用

メラニン色素の生成を抑え、肌のターンオーバーを促進することで、肌の内側から改善していきます。
 

商品についてはこちら

イオン導入
イオン導入

微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで有効成分を浸透させる治療法です。ビタミンCを導入していきます。

治療法詳しくはこちら

メソアクティス
メソアクティス

特殊な電気の力で皮膚細胞膜に隙間をあけ、美白成分を大量に浸透させます。ビタミンC、ハイドロキノンなどの美白剤を肌細胞に入れていきます。
 
 

治療法詳しくはこちら

レーザートーニング
レーザートーニング

非常に弱いパワーでレーザー照射し、患部に余計な刺激を与えることなく治療を行います。レーザートーニングは、1度の施術だけでなく、回数を重ねるごとに徐々にメラニンの量を減らしていく治療方法です。

治療法詳しくはこちら

ダビダ メラフェードシリーズ
ダビダ メラフェードシリーズ

しみ治療に有効な、トレチノイン・ハイドロキノンを配合した化粧品です。しみ・肝斑・くすみが気になる方にお勧めです。しみのレーザー治療を受けた後のお肌のメンテナンスに。

商品についてはこちら

雀卵斑(そばかす)の治療法

ライムライト
ライムライト

IPLと呼ばれる治療で、顔全体に複数波長の光を当てることで肝斑だけではなく肌全体のくすみをとっていく治療です。

治療法詳しくはこちら

Qスイッチアレキサンドライトレーザー
Qスイッチアレキサンドライトレーザー

しみの原因であるメラニン細胞をレーザーによって除去することで治療します。一箇所を強力に治療する方法です

治療法詳しくはこちら

イオン導入
イオン導入

微弱な電気の力を利用し、バリアゾーンを抜けて皮膚の深部まで有効成分を浸透させる治療法です。ビタミンCを導入していきます。

治療法詳しくはこちら

メソアクティス
メソアクティス

特殊な電気の力で皮膚細胞膜に隙間をあけ、美白成分を大量に浸透させます。ビタミンC、ハイドロキノンを肌細胞に入れていきます。

治療法詳しくはこちら

Qスイッチヤグレーザー
Qスイッチヤグレーザー

ピンポイントに、患部に照射できる医療用レーザー治療機です。シミや炎症後色素沈着の部位にのみ照射し、比較的炎症後の色素沈着のおこりにくいレーザーです。

治療法詳しくはこちら

ダビダ メラフェードシリーズ
ダビダ メラフェードシリーズ

しみ治療に有効な、トレチノイン・ハイドロキノンを配合した化粧品です。しみ・肝斑・くすみが気になる方にお勧めです。しみのレーザー治療を受けた後のお肌のメンテナンスに。

商品についてはこちら

ドクターMICHIKOのコメント

しみの状態に合わせた最適な治療をご提案しますのでまずはカウンセリングをお受けください。


よくあるご質問

しみの治療は1回で終わりますか?
治療直後は、日焼けなどをしないように紫外線への対策を入念に行ってください。また、しみの部分がレーザーやライムライト後かさぶたになりますが、治療に必要な経過ですので、こすらずに自然にはがれるのをお待ちください。レーザー治療後は専用のコンシーラあるいは、テープを2~3週間使っていただくようになります。
しみのレーザー後に注意する事はありますか?
治療直後は、日焼けなどをしないように紫外線への対策を入念に行ってください。また、しみの部分がレーザーやライムライト後かさぶたになりますが、治療に必要な経過ですので、こすらずに自然に剥がれるのをお待ちください。かさぶたが気になる場合は、キズやかさぶたの上に塗布できる特別なファンデーションもございますのでご相談ください。
通院は必要でしょうか?
通院は必要です。
しみの治療は、複数回施術を行う必要がありますので、患部の経過を確認させていただくために通院をしていただきます。
TOPへ戻る