当院の治療予約について※美容治療のみとなります。
受付時間 8:45~11:45 / 14:45~17:45 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日 お問合わせはこちら 029-869-8222 木曜日午後は美容皮膚科の患者様の予約診療になります

茨城県、つくば市、いけがみ皮膚科、美容皮膚科、医療レーザー脱毛、しみ、そばかす、しわ、たるみ、ニキビ

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

当院に寄せられるよくある質問 化粧品 Cosmetics 料金表 PRICE
いけがみ皮膚科公式LINEアカウント お得は情報・豆知識をいち早くお届け致します。 友達登録はこちら ID:@qiz3141q
採用について

当院だからできる医療があります

看護師募集 医療事務募集

皮膚科診療・美容医療の経験を積みたい方へ

医師採用
HOME»  Qスイッチアレキサンドライトレーザー

このようなお悩みの方にお勧めです

  • しみ
  • そばかす
  • 青あざ

Qスイッチアレキサンドライトレーザーとは

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー(米国キャンデラ社製ALEXLAZRTM)は主に青アザやシミを治療する目的に開発された医療用レーザーです。皮膚にレーザーが当たっている時間は1億分の5秒と極めて短いので表皮ダメージが少なく安全な治療です。
アレキサンドライトレーザーのメラニン色素に吸収されやすいという特性を生かし、皮膚の異常メラニンだけにレーザーが反応し、しみやあざの色を薄くしてことができます。
色素斑部位に直径3mmのレーザーを丁寧に照射していきます。レーザーでメラニンを熱破壊させるため一瞬チクッと輪ゴムではじかれたような痛みがあります。その後照射部位は赤くなってから、しみ・あざの色が一時的に濃くなりかさぶたを形成し、2~3週間後に自然にはがれてしみ・あざの色が薄くなっていきます。

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによる治療

Case
1
しみ・そばかす
 

患者様のしみの状態によってレーザーの設定を変えて打っていきます。使用するレーザーはしみのメラニンのみに作用するので、周囲の組織を傷つけることがありません。
1ショットづつしみ・そばかすの部分にあてていきます。直後は白灰色に反応し、その後痂皮になり、それがはがれてしみが薄くなっていきます。

しみそばかす

Case
2
あざ・太田母斑・遅発性両側性太田母斑

あざには黒あざ・茶あざ・青あざなど種類があります。当院ではレーザーの設定を変えることで、治療を行います。(赤あざには対応できない為、治療可能な病院をご紹介しております。)
あざの治療は、半年から1年に1回、繰り返し治療を要します。一部のあざや太田母斑は保険適応となる場合がありますのでご相談ください。

あざ

治療の流れ

施術の流れ
Step.1 カウンセリング
皆様のお悩みを詳しくお聞きして、患者様のお悩みに合わせて最適な治療方法をご提案いたします。
施術の流れ
Step.2 洗顔・皮脂の除去
治療部位のお化粧を落としていただきます。
クレンジング剤・洗顔料はご用意していますが、施術後のメイク道具はご用意していませんのでご持参ください。
施術の流れ
Step.3 施術
レーザーを患部へ照射します。輪ゴムではじかれるような痛みがあります。痛みに弱い方は事前にクリームやテープで表面麻酔をします。
目をカバーするゴーグルをつけレーザーを照射します。照射中は動かないでください。
目あらかじめ麻酔テープを張って、ご来院いただくこともあります。
施術の流れ
Step.4 クリーニング
レーザー治療部位を数分冷却します。その後、軟膏やレーザー後専用テープを貼ります。直後はしばらくヒリヒリしますので、その間はテープの上からでも、しっかり冷やしましょう。
施術の流れ
Step.5 アフターフォロー
レーザー治療後のアフターフォローが一番大切です。この間のお手入れが治療効果を左右します。
治療後2週間はできるだけテープを貼ったまま剥がさずに、洗顔、お化粧をしてください。
約2週間後に経過を見せていただきます。

治療の時間・頻度について

治療の時間は、治療部位によりますが約20~30分です。

しみの治療の場合

治療の回数は、個々のしみ・あざのメラニンの濃さや深さなどによって反応が違ってきますので、すべての症例が1回の治療で完治するわけではありません。皮膚表面のいわゆるシミやソバカスであれば、1回で色はかなり薄くなり目立たなくなります。
しみのタイプや個人の肌質によって効果に差も大きく、1回で劇的に効く方とそうでない方もおられます。2~3回の治療を目安にしてください。また、シミのように見える肝斑やイボが混在する場合は違う治療方法が必要となることがあります。
しみやそばかすの治療は比較的少ない回数(1~3回)で終了しますが、安易にシミがすぐと消えるというわけではありません。レーザー治療では患者さまご本人による照射後のお肌のケアが大変重要になります。

あざの治療の場合

太田母斑(お顔の青あざ)の場合、繰り返し治療を続けることでほぼ消退していきます。症例によっては10回程度の繰り返し照射を要することもありますので根気よく治療をしましょう。


料金のご案内

メニュー 料金(税抜) メニュー 料金(税抜)
1ショット 1,000円 1㎠(目安) 約10,000円
2㎠(目安) 約20,000円 レーザー後のファンデーション 1,000円
    レーザー後のテープ 0,000円/枚

ドクターMICHIKOのコメント

目立つおシミが1~2回の治療でかなり薄くなります。でもその後の日々のお手入れがとっても大事なのでしっかり注意して頑張ってケアして下さい。再発しないお手入れも必要です。

治療後の注意点

  1. 照射部位は皮膚表面が炎症をおこしている状態で、照射部位は赤黒い色になります。また照直後に一端白くなることがありますが徐々に落ち着いてきます。当日は、熱感やほてってヒリヒリすることがありますが、その際はしっかり冷やしてください。
  2. 照射部位・状態によっては入浴や洗顔を控えていただくことがあります。当日医師・看護師の指導を受けてください。基本的に照射部位を強くこすったりすることはせず、お渡しする専用テープを貼ったままにして局所の安静を心掛けて下さい。
  3. 1~2週間の間に照射部位にケガをした時のような黒いカサブタができます。決して無理にはがさないでください。
  4. 2~3週間くらいでカサブタが自然にはがれます。シミ治療の場合、その下には薄いピンク色の綺麗な皮膚が見えてきます。この状態が一番紫外線を吸収しやすい状態でもっとも注意が必要な時期です。日焼けをしてしまうと元に戻ってしまう可能性があります。直接紫外線を浴びないようテープを貼ったり、お勧めするレーザー治療後のコンシーラーをお使いください。
  5. レーザーの反応による影響で照射した部位が一時的に色が濃くなって見えることがあります(炎症後の色素沈着)。一過性のもので、何もしなくても数ヶ月から半年で消えていきますが、色素沈着を予防する塗り薬を場合によっては併用することもお勧めしています。(別途美白剤をご購入いただくことがございます。)
  6. レーザーが強く反応した場合、稀ですが一部水ぶくれになることがあります。また、周りの皮膚よりも色が白くなって見える状態が続くことがあります(色素脱失)が、時間とともに目立たなくなっていきます。

よくあるご質問

手の甲のしみが気になりますが顔と同じように薄くなりますか?
顔以外、特に手は日常生活でこすれる頻度が高いためレーザー照射後の局所の安静が難しいので思ったような効果の得られないことがあります。テーピング・保護剤(別途料金)を用いていただき治療後の支持をよく守っていただくようになります。
TOPへ戻る